キッチンカー製作における【相場】って?

 

キッチンカーの相場といっても

どの車両を選ぶかにより、

開業資金なども変化します。

軽自動車なのか?普通車なのか?大型トラックなのか?

どれを選んだとしても、開業資金を抑えるのが鉄則ですよね。

早い段階で開業資金を回収し、利益を出す事がポイントです。

まず車両別のメリットとデメリットを見てみましょう。

 

車両のメリットとデメリット

 

軽トラック

メリット

・開業資金が安く抑えられる

・運転がしやすい

・維持費が安い

・小回りが利く

デメリット

・展開出来るメニューに限りがある。

・積載量が少ない

・大きなイベントには不向き

こんな人におススメ!

・キッチンカー業務を副業として考えている。

・大きなイベントには出店を考えていない(出店料が20万円以上のイベント)

・ランニングコストを出来るだけ抑えたい

・開業資金を抑えたい

など。

このようにお考えての方は軽自動車で十分なのではないでしょうか。

軽トラックでも1日の売上が70万円を超えた事がある方もいらっしゃるので

大きな売上も展開メニューによっては、不可能ではないという事ですね。

 

大型トラック

メリット

・積載量が多い

・豊富なメニュー展開が可能

・大きな売上が期待できる

デメリット

・維持が大変

・小回りが利かない

・ランニングコストが高くなる

・開業資金が高くなる

こんな人におススメ

・キッチンカー業務を本業としてやっていきたい。

・大きなイベントに出店し一攫千金を狙いたい。

などが挙げられます。

 

普通車(1tトラックなど)

メリット

・積載量が多い

・豊富なメニュー展開が可能

・大きなイベントでも売上が期待出来る

デメリット

・開業資金が高くなる

・維持費が高くなる

など。

軽自動車と大型トラックの中間となるので、バランスは取れています。

選ぶ車両によって、開業資金も変わってきますし

相場も変わってきます。

まず自分がどの車両でキッチンカー業務を始めたいのかを考えて

予算を組みましょう。

 

キッチンカー製作費の相場

 

軽バンタイプ 製作費30万円~

 

軽トラック 製作費 50万円~100万円

 

普通自動車 製作費 70万円~

 

大型トラック 製作費 80万円~

 

上記の製作費はあくまで目安となります。

製作費に関しては、上を見ればキリがなく

オールペイントをする。

車両の【顔】をレトロ調に変える。

など、車両の改造を施すと製作費はグンっと上がります。

決しておしゃれな車両が売れる訳ではありません。

売上を上げれるコツは

販売戦略

オペレーション

メニューpop

活気

で売上が決まってきます。

しっかりとした【事業計画】を組んで予算を組む事をおススメします。

 

Funnyキッチンカー製作費一覧

 

Funnyでは軽自動車から大型トラックまで

幅広くかつ安価にて製作を承っております。

軽バンタイプ 30万円~

軽トラック 55万円~

普通車両 65万円~

大型トラック 80万円~

Funnyでのキッチンカー製作は車両持ち込みとなります。

車両をお客様に持ち込んで頂き

製作に取り掛かりますので、上記の価格は車両別となります。

詳しくはお問合せ下さいませ。

info@kitchen-funny.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です